MENU
アーカイブ
まる。
ブログ管理人
好奇心旺盛で、インテリア家電が大好きの食いしん坊。気になること、好きなこと、おすすめのこと、さくっと気ままにリサーチ。お父さんのような相棒のゆるくま君と、ストレスフリーな毎日を模索中。

頑張らないブログ運営を夢見ながら、日々人生の修業中。頑張りたい人の応援隊。
熟練職人が作る一生モノの革製品 >>

【人付き合いが苦手な理由】疲れる人付き合いを変えるには?|仕事にも生かせる人間関係術

  • URLをコピーしました!

コロナ自粛生活で、人付き合いがちょっと面倒になってきている管理人まるです。

人付き合いの場面では、押しの強い人の意見に「イヤ」とは言えず、結局そののまま強引に押し切られてしまう。強引な人はいつもとにかく強引で、ひたすら対応に困ることもしばしば…。

そんな経験ってありませんか?

その結果、

「すっかり人付き合いが苦手になってしまった」
「とにかく人付き合いがめんどくさい」
「人付き合いがしんどい」
「どんどん寂しくなる」

なんていう人も多いのではないでしょうか?

まる。

あ~、切実にあるよー!

ゆるくま君

まるちゃん、「自己肯定感」って聞いたことない?人間関係の上手いや下手は、これに関係しているんだ。

実は、「人付き合いが上手い」「人付き合いが下手」というのは、自己肯定感の「高い」や「低い」という部分と、実にとても密接した関係にあります。

心の中では、

「嫌われるのが怖い」
「人と合わせなければ、1人になってしまう」

なんて、本当は感じていませんか?

まる。

でもね、そう思っちゃうのは人間だから当たり前なんだよ。

ゆるくま君

その仕組みを知ると、いくらでも自分らしく人付き合いを上手に変えていけるんだよ。

いつもいつも自分の本当の気持ちを言えずにいた結果、人との付き合い自体を億劫に感じてしまうようになったという場合、それは「自己肯定感の低さ」によるものなんです。

今回の記事では、

自己肯定感低めの人が「そのままの自分でできる」人付き合い方のコツと、無理に高めるのではなく「自己肯定感を取り戻る方法」をご紹介していきます。

そして解決方法を簡単いうと、

  • 自分の好きな人とだけ付き合って、嫌いな人とは付き合わない
  • 一緒にいて楽しい人とだけ付き合って、楽しくない人とは付き合わない

なんです。

自己肯定感が低めの人とは…

「自分は全然ダメだ…」
「自分には価値がない…」

そんな風に思ってしまう人のことです。

あなたも今よりもほんの少しだけでも苦手意識をなくし、もっともっと人付き合いを自分らしく上手にできるようなってみたくはありません?

今のままでは「絶対に無理…」と思うことも、

少しだけ自己肯定感を取り戻すことで、きちんと今よりも上手にできるようになるんです。

もし下記チェック表にひとつでも気になる項目があれば、最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

この記事はこんな方におすすめ!
ざっくりと記事を要約すると…
  • 人付き合いが下手・苦手
  • 人付き合いが怖い・不安
  • 人付き合いがしんどい
  • 人付き合いが嫌になった
  • 無理な人付き合いをやめたい
  • 人付き合いが上手くなりたい
  • 本当の自分を分かって欲しい

Sponsored Links

目次

そもそも「自己肯定感」とは?

満たされているかどうか

自己肯定感とは、「自分が自分であることに満足」し、「価値ある存在として」自分を受け入れられる思考や感覚のことです。

まる。

「自分を認める事」とよく似てるよね。

「自己肯定感が高い人」「自己肯定感が低い人」という言葉をよく耳にすると思いますが、その時の状況によって自己肯定感は高くなったり低くなったりするものでもあります。

生まれた環境や性格によって、「自己肯定感の強い人」と「自己肯定感の弱い人」というのは確かに存在しています。

このふたつは主に「自己肯定感が強く養われて大人になった人」と、「自己肯定感が弱く頼りないまま大人になった人」の違いによるものです。

そのため、前者はエネルギーに満ち溢れた人、後者は傷つきやすいエネルギーの少ない人でもあります。

自己肯定感が低い時は…

「最近どうにも上手くいかない」
「意味なく気分がすっきりしない」
「人付き合いが上手くいかない」
「出かけるのがめんどくさい」

自分自身に「正解」を出していない状態なので、どんなに頑張ったところでも「今日の自分は全然ダメだった…」「大丈夫だったかな…」などと漠然とした不安を感じてしまいます。

逆に自己肯定感が高い状態の時は、「新しいことをしよう!」「絶対に大丈夫!」という安定した気持ちと積極性が生まれます。

ゆるくま君

つまり、自分自身が「満たされた状態」にあるという事。

自己肯定感は高すぎてもNG

自己肯定感が高い人の考え方

「自分はありのままでいい」
「自分には幸せになる価値がある」
「自分の人生には絶対良いことがある」

自己肯定感の高い低いは、その時々で変化するものだとお伝えしましたが、もし「誰よりも高い場所にある」自己肯定感が、急転落下するような事態が起こったらどうなるでしょうか?

当然ながら、その場合は「自己肯定感が低い」と感じている人よりも、受けるダメージが倍以上に大きくなります。

そういった意味でも、自己肯定感が高い人は、「低いと感じている人」よりも時には注意が必要になるのです。

自己肯定感は高すぎるのもNG

自己肯定感のレベルを、その時々できちんと把握しておくことが基本。高ければ高いだけ良いというものではないということを、忘れないでいましょう。

ゆるくま君

一歩間違えれば、過大評価をしているだけの人にもなりかねないから肝に銘じておかないといけないよ。

まる。

ポジティブ信仰も、良いことだけって訳じゃないよね。


人付き合いが苦手でしんどい理由

原因は「思考のノイズ」

「思考のノイズ」とは、幼少期などの過去に体験したことが原因となり、思考の勘違いルールから生まれた「心のクセ」のようなものです。

\ 思考ノイズの声 /

例)「人に近づかない方が良い」
⇒いじめ体験や親の体罰で苦しい思いをした体験などから


例)「人を信用しない方が良い」
⇒親や身近な人にひどく裏切られた心の痛みなどから

なぜ、「自分が人から認められるわけがない」と思うのでしょうか?

  • 「人に認められるように成果を出そう!」と頑張ってみても、頑張りが続かない、やる気が出ない。
  • どんなに頑張っても、成果が出ない。
  • 仲良くしたいのに、つい相手を怒らせてしまう

そんな時って、ありませんか?

ゆるくま君

これも、実は「思考ノイズ」の悪影響なんだ。

まる。

「自分は大切ではない方がいい」「人に近づかない方がいい」っていう、思考ノイズの悪影響なんだってさ~

あなたを苦しめているのは、

こんな風に「あなたの中にある思考のノイズ」なんです。

一見、関係なさそうな「だるい」という気持ちも、実はこの思考と同じ。

実際のところでは、第三者があなたにストレスを与えている訳ではない…ということを、しっかりと自覚してみましょうね。

まる。

これを知っておくだけでも、気持ちや考え方が少し楽にならないかな?

克服するためのポイント

その思考が「心のクセ」だと気付き、自分を責めずにいることで気持ちが楽になる。

代表的な5つの思考ノイズ
思考ノイズ=「心のクセ」

①自分は大切にされない方がいい

⇒自分には価値がない

②自分は人に近づかない方がいい

⇒必ず傷つけられてしまう

③他人は信用しない方がいい

⇒信用すると痛い目にあう

④集団や組織には属さない方がいい

⇒孤立してしまう、上手くいかない

⑤自分は愛されない方がいい

⇒必ず嫌われてしまう

まる。

なるほどね~

ゆるくま君

心のクセに気付けば、それ以上のネガティブ思考に陥ることはないから、素直にそれを認めてあげよう。

心が本当に見ているのは誰?

自己肯定感低めの人が人付き合いに疲れたり、ストレスを感じてしまうのは、「こうでなきゃけいけい」という想い込みでもあります。

こんな思い込みはありませんか…?

  • 相手の事を楽しませなきゃいけない
  • 相手のことも好きでいるべき
  • 嫌いなどと思っちゃいけない
  • 会話が途切れさせちゃいけない
ゆるくま君

で、人付き合いが上手な「フリ」をしちゃんだよね。

まる。

まぁ、確かよく考えたら辛くなるのも当たり前だよね…

思い込みだと気付くことがポイント

「○○でないといけないんじゃないか」は、単なる自分自身の思考の思い込み

「人付き合いが苦手」「人付き合いが怖い」と感じている人は、目の前にいるその人を見ているのではなく「その人にどう思われるか」という他人の反応を通して、実は自分自身のことを見ているのです。

そう考えると、思い当たる節はありませんか?

「何か失礼なことを言ったら、気分を害してしまうかな?」

⇒相手の性格を考えるより先に、自分の言動だけにとらわれている。

疲れる人間関係を改善するコツ

「嫌といえない」本当の理由を自覚する

ゆるくま君

まるちゃんはさ、人と話すときは何を一番苦手に思う?

まる。

う~ん、「私といて楽しいかな?」「こんなこと言っても大丈夫かな?」…とか思っちゃう時かなぁ。

ゆるくま君

…で、人に合わせて嫌ともいえなくて疲れちゃうんだ。

まる。

うん、まさにそれだ。

思考のノイズはコレ!

その裏側にあるのは「人に嫌われたくない」「失敗したくない」=「見捨てられるのが怖い」「ひとりになるのが怖い」という思考のノイズ。

ゆるくま君

人付き合いにはね、無理のない「自分らしいやり方」があるんだよ。

人付き合いで取り戻す「自己肯定感」

ゆるくま君

自己肯定感は「高める」ものではなくて、人との付き合いを通して実は「取り戻していく」ものなんだ。

人付き合を「しんどい」「めんどくさい」と感じたところで、仕事でも日常でも「人との関わり」は決して避けて通れない道です。

それなら、自分らしいやり方や考え方で上手に活用していくのがベスト。

人付き合いは頑張るのものではなく、自己肯定感を取り戻していく大切な機会、また自分自身や相手をより理解するための大きなチャンスと考えてみましょう。

STEP
「自己納得感」を得るようにする

思考ノイズの発動に気付くことで、新しい解決策が見えてくる。

思考ノイズ」の声にしっかりと耳を傾けてみよう!

「ああ、自分は今、思考ノイズの悪影響で状況を気にしているんだな…」と客観的に自分を見つめることで、心は穏やかになっていきます。

「○○したくない」時は、「○○しても良い理由」を見つけることで自己納得感が得られ、心の持ち様が大きく変化してきます。

ゆるくま君

思考ノイズの発動状態に気が付くことで、「やめなきゃ」という心理的エネルギーが生まれてくるんだ。

STEP
「自己肯定感の本当の定義」を思い出してみる

繰り返すことで、落ち込んだりしなくなる時が必ず来る。

自己肯定感の定義とは?

〝人は生きているだけ、そこにいるだけで価値がある〟

他人からの指摘や反論で落ち込みそうな時は、「自己肯定感の本当の定義」を自分の中で繰り返すことにより、それが気にならないタイミングが訪れてくれます。

「私は私、あなたはあなた」
心がきつく感じた時は、この言葉を呟いてみるようにしましょう。

ゆるくま君

何よりもまず、他人より自分が「楽しい」と感じればOKなんだよ。

STEP
相手の心の「ホンモノの感情」を探る

怒る人、キレる人への対処法になる。

4つの「ホンモノの感情」とは?

  • 怒り
  • 悲しい
  • 嬉しい
  • 怖い

この4つの感情以外にある「ニセモノの感情」の裏側には、必ず「ホンモノの感情」のどれかが隠れています。
例)「イライラ」 ➡「ニセモノの感情」

クレーマーの「イライラ」怒鳴りこみ

  • ホンモノの感情は ➡「悲しい」「怖い」

相手がキレたりした場合は、相手の「ホンモノの感情は何か?」を観察してみましょう。

怒る人は「自分の大切なものを守りたい」(大切なものを壊されるのが悲しい)という気持ちが深層心理にあるからです。

相手の内側にある「ホンモノの感情」を見つけ、消化してあげることで、相手の心や気持ちは安定したもへと変化します。

ゆるくま君

相手が感情的になる場合は、その人の「大切なもの」を落ち着いて探ってみよう。

STEP
自分の心にある「欲望」をクリアにする

相手を通して自分の欲望を知ると、人生が楽になる。

自分の中の「ホンモノの感情」は?

なぜ自分がそう感じるのかに気が付くと、心が軽くなる。

仕事で仕事で部下や同僚に〝イライラ〟

ホンモノの感情は ➡「怖い」

部下や同僚に過去の自分の姿を投影し、一生懸命努力して築き上げてきた「今の自分」が、「過去のできない自分」に戻ってしまうのを怖いと感じているからです。

もし心が乱れてしまった時は、あえて「ゆっくり」を心がけることで、相手のペースに合わせることができるようになります。

ゆるくま君

自分が「なぜイライラするのか」に気が付くと、イライラは消えていくよ。

STEP
それでも関わりたくない人が出てきたら?

自分の「好き」や「嫌い」感情を大切にし、自分と相手との間に起こっているスタンスを知って、心を守る手立てにする。

人が他人を判断する4つの基本スタンス

①がもっとも理想のスタンスで、自己肯定感が低い人は③を選びがち

  1. 私は〇、あなたも〇
  2. 私は〇、あなたは×
  3. 私は×、あなたは〇
  4. 私は×、あなたも×

②タイプの人

ワンマン社長や、過去に輝かしい成功体験のある人など

「みんな何も分かっていない」
「世の中バカばかりだ」

などの高圧的な発言をするタイプ

④タイプの人

「地球は滅亡に向かっている」「世界は終わった」などと騒いでいる人

「私も全然だけど、あなたも全然ね」
「私も出来てないけど、あなたも出来てないわね」

などの発言をし、相手をじわじわと追い込むタイプ

「自分ファースト」!

人間関係が苦手な人は、「自分を大切にする」という感情が弱いタイプが多い。

自分の「好き」「嫌い」感情を理解することは、自己肯定感を取り戻すことの必須条件です。

自分の「好き」「嫌い」を細かく大切に感じてみよう。

「苦手」「嫌な奴」

そう思うのは、自分が出来ないことを堂々としている「羨ましさ」から。

他人を通して自分の「欲望」がクリアになると、人生が楽になります。自分を抑え込んでいる枷を少しずつ外してあげましょう。

人を嫌いだと思う感情も当たり前の事なので、悪い事ではないと自分の感情を素直に認めること。

身の回りにある家電製品や小物でも何でも何となく買ったもので良いので、細かく「好き」「嫌い」を感じる練習をしてみましょう。

ゆるくま君

我慢ばかりしている人は、ほんの1ミリだけでも他人に不愛想にしてみるなど「迷惑をかける練習」も効果的!

STEP
「でも」を挟んで自分に納得感を与える

例えば、仕事を押し付けられて嫌な気持ちになった時に、「仕事はやりたくないまま、仕事をやらされてる」と思うのをやめてみましょう。

その気持ちの間に「でも」を挟むことで、心の持ち様は大きく変わってきます。

まる。

「仕事はやりたくないけど、仕事をやらされている」みたいにね!


まとめ

今回の記事では「人付き合い」を、

  • 怖い
  • 苦手
  • めんどくさい
  • しんどい
  • やめたい
  • 寂しい

そんな風に感じている人も、無理のないそのままの自分で、人付き合いを「ラク」へと変えていくポイントとコツをお伝えしていきました。

仕事や学校、生きる上で日常から切っても切り離せない「人付き合い」は、実は〝自己肯定感を取り戻すチャンス〟でもあることをしっかりと覚えておきましょうね。

こんなスタンスでOK!

●自分の好きな人とだけ付き合って、嫌いな人とは付き合わない

●一緒にいて楽しい人とだけ付き合って、楽しくない人とは付き合わない

まる。

無理しないで全然大丈夫!

少しずつでも「ありのままの自分」に納得して生きていこうとすると、人付き合いも人生も良い方向へと変わっていきます。

自分自身の気持ちを認めながら、上手にステップアップしていきましょうね!

ゆるくま君

大切なのは、人付き合いを通して自己肯定感をしっかりと「取り戻すこと」だからね。

もっと知りたい人にオススメの本

\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場
\最大10%ポイント追加!/
Yahooショッピング

\ 今回の記事の参考書籍 /


仕事関係からプライベートまでスッキリ! 「自己肯定感低めの人」の人づきあい読本
まる。

分かりやすい文章でピンポイント書かれているから、詳しく知りたい人はぜひ読んでみてね!

\ ランキング参加中 /


にほんブログ村 にほんブログ村へ 


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる